>

アドバイスをする仕事

悩みを抱えている人が多い

中には、これから会社を経営しようと思っている人がいます。
自分も会社を経営した経験があるなら、それを活かして悩んでいる人にアドバイスをしてください。
どうすれば成功できるのか、また注意した方が良いことは何なのか説明しましょう。
相談を受ける時はメールや電話を使うので、自宅とは別にオフィスを用意する必要はありません。

特にプライバシーに関わる悩みを抱えている人は、顔が見えないメールや電話が良いと考えることが多いです。
占いが得意な人は、それを使ってお客さんの悩みを解決しても良いでしょう。
複雑な悩みでも親身に対応し、アドバイスをしてください。
アドバイスは、わかりやすい言葉で伝えないと相手に理解してもらえません。

宣伝してお客さんを集めよう

自分がどのような人物なのか、わかりやすく説明することを意識しましょう。
説明がないと怪しいと思われたり、頼りにならないと判断されたりするので気を付けてください。
どこの大学や会社で知識を学んだのか、経歴を詳しくサイトに記載しましょう。
情報を詳しく伝えることで、お客さんから信頼されます。
信頼性が低いアドバイザーは、避けられやすいと覚えてください。

またSNSを使って、宣伝することも大事です。
サイトを開設するだけでは、気づいてくれる人が少ないです。
使っている人が多いSNSで、自分がアドバイザーとして活動していることをアピールしましょう。
SNSならすぐに情報が拡散されるので、お客さんを増やしやすいと言われています。


このコラムをシェアする